IBI’s Thoughts on the Dissolution of Sixh. [日本語あり]

Fashion

by Kate Havas, posted May 31, 2014

69: まずは自己紹介と読者さんがまだ知らないことを教えてください。
69: First, please introduce yourself and tell us something our readers don’t know about you!
IBI: Sixh.というブランドのデザイナーをやっていますIBIと申します。ファッションとかライブとか7年間いろんな活動をしてきたブランドのデザイナーをやっています。今季、2014年の春夏のコレクションをもちまして一旦終了という形になりました。皆さんが知らないことは、知っているかどうかわかりませんが、すごい雨男です。あと甘いお菓子はダメです。(笑)あと、馬刺しが好きです。あとウニとかお寿司が大好きです。日本食がすごく好きです。
IBI: I’m Sixh. designer, IBI. I’ve been working as the brand designer and doing both fashion and music performances for the last seven years. For the time being, the brand is finishing with the 2014 spring/summer collection. Something people don’t know, or maybe some people do know, is that I’m an ame otoko (guy who makes it rain). And I don’t like sweet foods. [Laughs] I like basashi (horse meat sashimi), and I love uni (sea urchin) and sushi. I really like Japanese food.

69: 贅沢なものばかりですね。(笑)
69: You’ve got expensive taste. [Laughs]
IBI: (笑) 結構でも普通にハンバーグとかカレーとかも好きです。
IBI: [Laughs] Fairly, yes, but I also like regular stuff like hamburgers and curry.

69: Sixh.の解散を聞いてとても残念ですが、なぜこのタイミングで解散することになりましたか。
69: We were sad to hear about your stopping Sixh. Why did you decide to end the brand now?
IBI: この決断に至るまでは、はっきりいってすごく考えました。悩みましたし、いろんな人にも相談をしました。なぜこのタイミングかというと、Sixh.のブランドを立ち上げて、初めは僕ともう一人のデザイナーのMintとのユニットでやっていて、それで途中で音楽とファッションの融合ということで、バンドをやったり、ファッションショーとライブをやったり、いろんなことをやってきて、それで僕とMintがそれぞれのブランドを持つほどに成長をして、また一人ひとりで活動をしていきました。Sixh.としてはいろんな活動をしてきて、海外にも活動を広げてやってきたんですけど、いざ次の活動である2014年秋冬のデザインとかいろんなことを考えたときに、正直言うとお洋服のデザインとかはそのまま普通に作れるんです。こんな感じのを作りたいなっていうのはまだ全然あるので作れるんですけど、ちょっと自分の中でそれをそのまま作っていいのかっていう疑問が出てしまって、もちろん今までやってきたことを大事にして次のことをいろいろ考えるんですけど、いい意味で皆さんの期待を裏切らないことはできるかもしれないですけど、悪い言い方をすると、いつも通りあまり変わらないよねっていう感じも自分の中にあって、それが果たしてブランドにとってもお客さんたちにとっても楽しいことなのかなと。ある程度は楽しんでくれると思うんですけど、なんかそれ以上のものはないなと思って。ということは、たぶんこれはこのままずっと続けていくよりは、一回切らないとたぶん次のステージにいけないなっていう感じがしたので、これは自分の置かれている環境も変えて、一旦見つめ直してみたほうがいいなっていうことでこのタイミングで解散をしようということになりました。
IBI: Frankly, right up until I made the final decision I was thinking hard about it. I worried over it and asked for advice from many people. The reason it happened now is that, when Sixh. began, I was working with another designer, MINT, as a unit. Then as we went along we put music and fashion together, made a band, did fashion shows and performances, all kinds of things. MINT and I grew together with our respective brands and came to each have our own work. With Sixh., there were a lot of activities, we even spread the brand overseas, but when I was thinking of the upcoming 2014 fall and winter collection, honestly, I was just making the same kinds of things I always have. There are still things I want to design, so of course I could still make something, but I started to wonder if it was okay to just keep going on like this. Of course, the experiences I’ve had up until now are precious to me and there’s a lot to think about with regards to my next step. I don’t think I will betray the faith people have put in me and this (moving on) will result in good things. To put it plainly, I felt like my designs weren’t changing and I wondered if that could really be enjoyable both for the fans and for the brand. Of course I enjoyed it somewhat but I was wondering if there was something more. Maybe I can only reach the next stage of my career by cutting Sixh. off and maybe, by doing so, I can go further than if I just continued the brand in the same way. I have to change the surroundings I put myself in and fix my gaze on something new. That’s why I decided it was time to dissolve the brand.

69: ではブランドを立ち上げたときの目標は何でしたか。
69: What were your goals when you first started the brand?
IBI: まずファッションと音楽の融合というのがあったので、結構達成できているところはあるんですけど、ライブハウスの大きいところで、何百人も呼んでやるようなファッションショー&ライブをまずは目標にしていました。それはかつて何回かやったんですけど、ラフォーレ原宿の上のラフォーレミュージアムで大きなショーとかもやって、ああいうのができて達成できたなっていうのは思っています。あとは次に海外公演もしたいっていう目標があったんですけど、それも去年やることができたので、順調にというか、やり始めたときにこういうことをやりたいなっていうのはできてきているなという感じはしています。
IBI: The first thing was we wanted to connect fashion and music and I think we did that. My goal was to have fashion shows and live performances in big venues where hundreds of people could come and watch. We had shows a few times, and with our show on the top floor of LaForet at LaForet Museum, I think I achieved that goal. I also wanted to perform abroad and last year, I finally got to do that, so as far as things going well, I felt like I was finally able to do something I’d wanted to do since starting the brand.

69: IBIさんはデザイナーですが、モデルとバンドでちょっとアイドルになった感じがしますが、それはどうでしたか。
69: You’re a designer but through your modeling and band activities you became like an idol. How do you feel about that?
IBI: 正直に言うと、結構葛藤がありました。というのは、やはりファッションのデザイナーという部分があるので、当然僕が作るものだったり、デザインしたものだったり、そういうものに対する評価を上げたいっていうのもありましたし、ただ、ブランドとして音楽やバンドをやるのはもちろんやりたかったですし。音楽とかバンドをやりながらモデルもやって、ファッションの作り手の部分もやって、僕自身のファンが増えてくれるのは嬉しいんですけど、果たしてそれで僕が作るものを買ってくれているのは、僕の作ったものに対して評価して買ってくれているのか、僕が好きだから買ってくれているだけなのかということがちょっと見えなくなったこともあったので、そこはちょっと悩みました。
IBI: Honestly, I had really mixed feelings about it. I’m a fashion designer, so naturally I want to raise the profile of what I make and design, and of course I also wanted to do music and the band as a part of my brand. While I was doing music, I was modeling as well, and of course still designing. I was happy that more and more people were becoming fans of me personally but when they bought my clothing I began to lose sight of whether they were doing it because they liked my designs or just because they liked me. I worried about that.

69: Sixh.のイベントやショーの一番のいい思い出は何ですか。
69: What’s your best memory from Sixh. events or shows?
IBI: 一番というとなかなか難しいんですけど、一番初めに大阪の方で、初めてファッションショーとライブを小さいところなんですけどやったことがすごく思い出に残っています。あとは、東京の方に来て、先ほども言いましたが、ラフォーレミュージアムというわりと大きめの会場で、ショートライブをやったのも大きく印象に残っています。あと、海外で僕がやっていたSixh.ファッションOPERAというのがあったんですけど、それを海外でやれたというのはすごく今でも印象に残っています。
IBI: It’s really hard to pick a “best” but I still remember the very first show, in Osaka. It was in a tiny place but it was the first fashion show and music performance so it stuck with me. I just mentioned it but after coming to Tokyo, the shows at LaForet Museum were in a relatively big venue and the short performances at those shows left a big impression. Also, performing the Sixh. Fashion Opera overseas, I really wanted to perform overseas so that was really memorable.

69: 海外のファンの印象はどうでしたか。
69: How did the overseas fans react to the news?
IBI: この解散のことについては、ちょっと意地悪なことをしたんですけど、まずエイプリルフールに「解散」っていうヴィジュアルだけを出したんです。僕の画像と解散の文字だけが入ったものだけを発表して、みんな「あ~エイプリルフールでしょ。」っていう感じの反応だったんですね。中には、本当なのかどうなのかすごく悩んじゃっている子とか、エイプリルフールにしては悪い冗談だぞとかいうようなことも言われたりとか、結構いろんな方からコメントをいただきまして、実際に本当ですよっていうのを1週間後に発表したんですけど、大変残念がる方だったり、今から早く撤回してくださいみたいなことを言う方がたくさんいらっしゃいましたね。
IBI: As far as the dissolution goes, it was probably kind of mean, but first there was a graphic saying that the brand was ending which was posted on April Fools Day. It just had a picture of me and the word “dissolution,” so everyone decided it was an April Fools joke. Some people weren’t sure whether it was true or not and some people told me it was a bad joke. I got a lot of comments. One week later, I announced that it was true and a lot of people were really disappointed and asked me to change my mind.

69: 今後の企画は何かありますか。
69: What are your future plans?
IBI: まずはh.NAOTOの原宿の本店であるh.NAOTOプラス原宿店の方に僕がマネージメントという形でメインでここに立っていますので、そこで一旦お客さんと多く触れ合って、ちょっと原点に返って、もちろんデザイナーする前はお洋服の販売という形で初めは入ったので、そこに立ち戻りながら、実際お洋服づくりとはどういうものなのかという根本とかをもう一回見つめ直そうかなと思っています。それでお店をやりながら、お店でやれること、例えばh.NAOTOのデザイナーだったりとか、うちには他にもいろんなデザイナーたちがいるので、そのデザイナーたちとこのお店とかh.NAOTOを盛り上げるような企画をやって、盛り上げていきたいなというのは考えています。
IBI: First, I’m going to be managing the h.NAOTO Plus store in Harajuku, so for now I’ll be meeting a lot of customers and I’m going back to my starting point. Before I was a designer, I was mainly selling clothes and that’s how I got my start. I want to take a fresh look at what it is to make clothing. The designers here have a lot of plans for getting people enthusiastic about h.NAOTO and we want to continue in a spirited way.

69: では店長としてお勧めアイテムとかファッションの注目ポイントは何でしょうか。
69: As the store manager, can you recommend some things to look out for?
IBI: 原宿店は他のお店にないような一点物のアイテムとかもいっぱいあるので、特にゴシック系の黒いアイテムを好きな方は楽しんでいただけるアイテムがたくさんあるので、そこが今注目かなと思っています。
IBI: The Harajuku store has a lot of one-off items you can’t find in other stores and we especially have a lot of black items that can be enjoyed by people who love gothic fashion. I think people should look out for those.

69: ではスタイリングのアドバイスを教えてください。
69: Please give us some styling advice!
IBI: 一番気をつけているのは、合わせたときの色のバランスとシルエットのバランスですね。なので、それさえ気をつければ別に全部同じブランドで揃える必要はないと僕は思っています。結構お客さんの中にもいるんですけど、いろんなブランドをミックスしながら綺麗に合わせている方もいるので、まずは自分の体形に合ったものだったりとか、シルエットをうまく合わせたりとかをすることで綺麗にコーディネートできるかなと思います。あとはお店に来ていただければみんなでちゃんとアドバイスしますので。
IBI: The most important thing to be careful of is, when you put items together, having balance in the colors and silhouette. If you pay attention to that, it doesn’t matter if you’re wearing clothing that’s all the same brand or not. Some of our customers do that. I think that by mixing different brands and arranging the pieces beautifully, you can end up with a stunning outfit. If you come to the store, I can give you advice personally, so please come by.

69: では最後に読者さんにメッセージをお願いします。
69: Lastly, please give a message to our readers.
IBI: まずはSixh.というブランドは立ち上がって7年間多くの方に支えられてここまで来ることができたブランドだと思っています。皆さんには本当に感謝をしています。これで一旦はブランドが終わりという形にはなりますけども、まあちょっと何とも言えないんですが、僕自身としてはまたどういった形でかはわかりませんが、もう一回ブランドを立ち上げ直すのか、もう一度皆さんに何か恩返しをしたいと思っていますので、その日までぜひh.NAOTOならびに僕を応援してくれればと思います。ありがとうございました。
IBI: First, I want to say that Sixh. is a brand that was able to come this far because I was supported by many people over the seven years since it began. I’m very grateful to everyone. The brand is closing for now, but I’d like to have a brand again someday, though I can’t say yet exactly what it will be and even I don’t know what form it will take. I want another chance to pay back our customers for their support. Until then, please support both me and h.NAOTO. Thank you very much.

69: ありがとうございました!
69: Thank you!

Kate Havas first became interested in Japanese fashion and culture in college when manga, anime, and visual kei were just beginning to make their way to America. An art and English major with a love of clothes, Kate signed onto ROKKYUU in order cover fashion and report on Tokyo trends, but was quickly also recruited to the music side of things and has been having an adventure expanding her knowledge of all things VK since. Follow her on twitter at keito_kate!

Post Comment