Introductory Interview with sForzato

Indies

by Kate Havas, Laura Cooper, posted February 15, 2014

ROKKYUU recently met up with young band sForzato for an introductory interview. With vocalist Cedo hailing from Singapore, the band has an international outlook and a fresh V-metal sound. Read on to learn more about the five members!

69: まずは名前とパートと最近のマイブームを教えてください。
69: Let’s start with an introduction of your names and parts as well as your latest interests.
Kazuki: ベースのKazukiです。マイブームはアニメを観ることです。
Kazuki: I’m bassist Kazuki. My hobby is watching anime.

69: 何のアニメが好きですか。
69: What kind of anime do you like?
Kazuki: いろんなのを観ています。何が好きって言われると難しいんですけど、本当にオールジャンルです。
Kazuki: Various kinds, so it’s hard to say, exactly. I really like all genres.

69: 少女アニメもですか。
69: Even girls anime?
Kazuki: 少女マンガとかのやつも観たりします。アニメが大好きなんです。(笑)
Kazuki: I actually sometimes read girls’ comics. I just love anime. [Laughs]
Hiro: ギターのHiroです。マイブームは食べることです。最近はラーメンとか高カロリーのものばかり食べています。
Hiro: I’m guitarist Hiro. My hobby is eating. Recently, I eat nothing but ramen and fattening foods.
Rui: ドラムのRuiです。マイブームはゲームです。FPSです。Call of Duty.
Rui: I’m drummer Rui. My hobby is video games; especially first-person shooters like Call of Duty.

69: 珍しいですね。日本でも人気がありますか。
69: That’s unusual. The game doesn’t seem so popular in Japan.
Rui: 人気だと思います。
Rui: I think it is.
Kousuke: ギターのKousukeです。マイブームはやっぱりギターです。
Kousuke: I’m guitarist Kousuke. My hobby is actually my guitar.
Cedo: ヴォーカルのCedoで、マイブームは作曲も精一杯やっているし、あとはサバイバルゲームにはまっています。
Cedo: I’m vocalist Cedo. My hobbies are working hard at song writing and Airsoft (pellet gun shooting).

69: では隣にいるメンバーの意外なところを教えてください。
69: Please tell us something about the member next to you.
Cedo: Kousukeくんは意外とお酒飲めるなと思います。弱そうだけどね。(笑) めっちゃ飲んでる。
Cedo: Kousuke can drink a surprising amount, even though he’s a lightweight. [Laughs] He drinks a lot.
Kousuke: 意外なところはないんですけど、見た感じのままの静かな人です。
Kousuke: He (Rui) doesn’t have any surprising points. He’s just as quiet as he appears.
Kazuki: 意外とうるさい。
Kazuki: He can be surprisingly noisy.
Rui: Hiroくんの意外なところは、う~ん、何でしょう。
Rui: Hiro’s surprising point… I wonder what it is…?
Kousuke: 頼りないところじゃない?
Kousuke: That he’s unreliable?
Rui: う~ん、頼りない?(笑) なんかいろいろちょぴちょぴやっていくみたいな。そんな感じです。
Kousuke: Yeah, unreliable. [Laughs] He’s kind of all over the place with things. That sort of thing.
Hiro: Kazukiくんの意外なところは、彼の好きなジャンルが日本のチャットモンチーとか、そういう系なのに対して、やっているバンドがヴィジュアル系っていう感じです。
Hiro: Kazuki’s surprising point is that he likes Japanese bands like CHATMONCHY and such, even though he’s in a visual kei band.
Kazuki: Cedoさんは、サバイバルゲームをやったり、身長が高かったり、怖めなイメージを持たれがちなんですけど、猫が好きです。こんな怖い人があんなかわいい小物が好きっていうのがちょっと意外ですね。
Kazuki: Cedo does airsoft, is very tall, and looks kind of scary… but he loves cats. I think it’s surprising that such a scary-looking guy loves small animals.

69: ではsForzatoはどんなバンドでしょうか。
69: So, what kind of band is sForzato?
Kazuki: オールジャンル・・・ではないけど、(笑) あの、とらわれない、何だっけ?
Kazuki: All genres… Well, not really, but… [Laughs] We’re unconventional. What else…?
Hiro: わかんないんでしょ?
Hiro: We don’t know?
Cedo: 何だっけ?えっと、基本はメタルなんですよ。僕がメタルが好きっていうのもあるんですけど。よくわからないです。
Cedo: What else? Um, we’re basically a metal band. I love metal. I don’t really know what else.
Kousuke: うん、よくわからなかった。(笑)
Kousuke: Yeah, we have no idea. [Laughs]
Cedo: 一応、メタルというバンドかもしれないです。
Cedo: At a push, I think we’re a metal band.

69: メンバーはどうやって集まりましたか。
69: How did the members come together?
Cedo: 運命です。
Cedo: Destiny.
一同: (笑)
[All laugh]

69: もともと日本に来た理由を教えてください。最初からバンドをやろうと思っていましたか。
69:  Cedo, what were your reasons for coming to Japan, originally? Was it always your plan to be in a band? 
Cedo: 音楽を勉強するためと経験を積むために日本に来ました。
シンガポールにいたときに時々バンドで音楽をやっていましたが、もっとステップアップしたいと思い、日本に来ることを決めました。日本に来たときはいろいろ考えていて、ソロやバンドなど何でもやろうと思っていました。なので、バンドをやることが最初のプランだとは言えないですね。
Cedo: I came to Japan to further my studies and experience in music. During my time in Singapore, I was also playing in bands for quite some time but I kinda wanted to step up the game so I decided to give it a go in Japan. I was quite open to many ideas when I came here; whether solo, band, or whatever, I was willing to try anything. So I can’t really say if it was my initial plan to play in a band.

69: ヴィジュアル系の世界に外国人として入るのはどういう感じがしますか。
69: What’s it like as a foreigner breaking into the VK scene?
Cedo: 少なくとも僕だけではないと思います。学ばなければならないことも理解しなければならないこともたくさんあります。個人的にはまず、オーディエンスに関してですが、理解するのがとても大変で、日本のヴィジュアル系を理解するのにすごく時間がかかりました。でも徐々にみんなが理解し始めて、僕自身もわかり始めてから、楽しくなりました。そして僕が日本人ではないので、みんな僕に驚くんです。
Cedo: At the very least, I don’t think I am the only one. There are many things to learn, many things to understand. Personally; at first, for the audience, I think it was pretty hard for them to accept and even I was struggling to understand the basics of VK in Japan. But gradually, when people started to understand, and when I gradually started to get a grasp of things, it got more pleasant. Also, as I don’t look non-Japanese, many are still surprised by me.

69: ではバンドとしてのチャームポイントは何ですか。
69: What is the band’s appeal point?
Kazuki: 青い髪の人が面白いとか?!
Kazuki: The guy with the blue hair is funny!
Kousuke: ヴォーカルが背が高い!
Kousuke: The vocalist is tall!
Cedo: あとたまにドラえもんが出てくる!
Cedo: And sometimes Doraemon appears!

69: ドラえもんですか?
69: Doraemon?
Cedo: はい、カズえもんっていう化け物が。
Cedo: Yes, a monster named “Kazuemon.”

69: 化け物!
69: Monster?!
一同: (笑)
[All laugh]
Cedo: たまに出てきます。Twitterでも写真いっぱい載せているかな?!
Cedo: He appears sometimes. Maybe there are a lot of pictures of him on Twitter!
Kousuke:. これチャームポイントかな?
Kousuke: Is that our appealing point?
Cedo: チャームポイントではないね。
Cedo: It’s not appealing…

69: では初めてsForzatoを聴く人にお勧めの曲は何ですか。
69: What song should first time listeners listen to?
Cedo: 俺は「現実」。
Cedo: I think, “Genjitsu
一同: そうだね。
All: Yeah, that one.

69: みんな「現実」ですか。それはなぜですか。
69: Everyone says “Genjitsu,” huh? Why is that?
Cedo: 結構メタルの部分も入っているし、あとキャッチーなアニメっぽいサビが入っていて、これがこのバンドのスタイルですね。
Cedo: It’s got a lot of metal parts and the chorus is catchy and anime-like. It’s our band’s style.
Kazuki: 一番このバンドに合った曲です。
Kazuki: It fits the band best.

69: メタルっぽいバンドですよね。影響を受けた、または尊敬するアーティストさんは誰ですか。
69: You did say you’re a metal band. What bands or artists have influenced you, or who do you admire?
Cedo: NoGoDです!
Cedo: NoGoD!
Kazuki: NoGoDです。
Kazuki: NoGoD.
Rui: NoGoDですかね。お世話になっているし。
Rui: NoGoD. They help us out a lot.
Kousuke: NoGODも大好きなんですけど、僕はオジー・オズボーンも大好きなんですよ。
Kousuke: I do love NoGoD but I also love Ozzy Osbourne.

69: NoGoDさんの話になりますが、「Fallen」のシングルはNoGoDのKyrieさんとShinnoさんがプロデュースしたシングルですね。先輩と一緒に仕事をするのはどうでしたか。
69: Speaking of NoGoD, Kyrie and Shino produced your single Fallen. What was it like to work with them?
Cedo: 意外と楽しかったです。KyrieさんとShinnoさんの印象が結構怖い感じじゃないですか。あまりしゃべれないような感じがしていましたが、意外とスタジオで結構優しくて、ごはんもよそってくれたし。
Cedo: Surprisingly fun. Kyrie and Shinno give off a bit of a scary impression, don’t they? They don’t seem to talk a lot but surprisingly, in the studio, they were very kind. They even cooked for us.

69: すごく意外ですが、どんなごはんですか。
69: That is surprising. What did they make?
Cedo: 炊き込みごはんです。あと、アドバイスとかも優しく言ってもらえて、悩みがあっても先輩がいつでもいるからって。
Cedo: Seasoned rice. And they were very kind when giving advice. Even if I was worried about something, they were always there.

69: ではバンドの目標は何ですか。
69: What are your goals as a band?
Kousuke: 僕はメタルが好きなので、高校卒業したらアメリカに行くつもりだったんです。だけどお金とかいろいろかかるから行けなくて、日本でがんばろうってなって、最終的に自分は海外に行きたいです。本当に。
Kousuke: I love metal so after graduation, I intended to go to America but it takes a lot of money so I couldn’t go. I’m doing my best in Japan, and I’d love to eventually go abroad. Really.
Rui: 世界制覇でしょう?!
Rui: World domination!Kazuki: それはわからないけどな。
Kazuki: I don’t know about that.
一同: (笑)
[All laugh]
Kazuki: 僕も目標は海外行きたいです。
Kazuki: My goal is also to go abroad.
Cedo: 同じですね。大きくなりたいです。
Cedo: Me too. I want us to become bigger.
Kazuki: 海外に住みたい。
Kazuki: I want to live overseas.
一同: (笑)
[All laugh]

69: どこに住みたいですか。
69: Where do you want to live?
Kazuki: アメリカがいいです。
Kazuki: I think America would be nice.

69: sForzatoはシンガポールで2012年に演奏していますね。どうでしたか。
69: sForzato played in Singapore in 2012. How was it?
Cedo: 野外だったので本当に本当に暑くて、あり得ないくらいの湿度で、Kousukeなんかはライブ中に死にそうになっていました。(笑) 実際、ライブ後にバックステージで倒れましたが、大事には至りませんでした。常に食事はおいしくて、たくさんの思い出があります。たくさんの人が自分たちのことを知らないにも関わらず観に来てくれて、応援してくれました。とても感謝しています。いつかまたシンガポールに戻りたいですね!
Cedo: As it was outdoors, it was really, really hot and ridiculously humid. Kousuke looked like he was going to die, mid-show. [Laughs] He did collapse backstage after the show but it wasn’t that serious. The food was awesome, as always. We made many memories. Many people came to watch and supported us even though they barely knew us so we are very thankful for them to have had us. We hope to go back someday!

69: シンガポールではヴィジュアル系がありますか。どんな感じでしょうか。
69:  Is there much of a VK scene in Singapore? What’s it like?
Cedo: 少数ですが、ありますね。でも最近増えてきていると思います。みんながお互いを知っていて、
今でもそれが恋しくなることもあります。シンガポールにいたときは、安いライブハウスが存在しないので、ヴィジュアル系のイベントを行うためにほとんどの時間みんな一生懸命に働いていました。
Cedo: Underground, with a small following, but growing I think. I do still miss it, sometimes. Everybody kinda knows each other. During my time in Singapore, cheap live-spaces were non-existent so most of the time we had to work together just to get VK events going.

69: では次の質問ですが、まだバンドは結成から間もないですが、今までの経験で一番学んだことは何ですか。
69: You’re still a young band but what’s the most important thing you’ve learned so far?
Hiro: コネです。
Hiro: The importance of connections.
Kazuki: リアルだな。
Kazuki: That’s very realistic.
一同: (笑)
[All laugh]
Kousuke: でもやっぱりライブとかでお客さんの反応とか、あと自分たちの演奏の音を聴くとか、すごく基礎的なことですけど、そういうのが本当に大事なんだなって気付きましたね。
Kousuke: But, really, the reaction of the fans at our shows, or listening ourselves to the music we perform… It’s really basic, but I’ve come to realize how truly important that is.
Kousuke: 出会いですかね。一人の人と出会ったら、その人はまた誰かとつながっているので、仲良くしたら、紹介してもらったりしてどんどんそれがでかくなるので、出会いが大事です。
Kousuke: Meeting people. If you meet one person, that person is connected to other people, so if you become friends with that person, they’ll introduce you to others, and gradually your circle expands. Meeting people is important.
Rui: 自分たちがやりたいことをやっているんですけど、曲のノリとか大事だと思います。
Rui: We just do what we want but the way fans get into the songs is really important.
Cedo: 俺が一番学んだのは、やっぱり感謝かな。ファンとか先輩とか出会いとかに全部感謝しないといけないと思っています。
Cedo: The thing I’ve learned the most is gratitude. I have to be grateful to our fans and the senior bands and all of the people I meet.

69: では最後に読者さんにメッセージをお願いします。
69: Lastly, please give a message to ROKKYUU’s readers.
Kazuki: いつかあなたのもとでライブをします!待っててください!
Kazuki: We will perform in front of you! Please wait!
Hiro: こんな感じでぼちぼちやっていますが、アマゾンやその他オンラインで曲が買えますので、どこでも買えちゃう時代なので、もしよかったら買って聴いてください。
Hiro: We’re going ahead little by little but we’re living in an era where you can buy songs from anywhere—through Amazon or online services—so, if you’d like, please buy our songs and listen to them.
Rui: メタル好きな人にはたまらないと思うので、Hiroくんも言ったんですけど、オンラインでいろいろ買ったり聴けたりするので、ぜひ聴いてください。
Rui: I think people who like metal won’t be able to resist us. Just as Hiro said, you can buy and listen online, so please do give us a listen.
Kousuke: 僕は本当に外国人が大好きなので、日本人より大好きなので、友達が欲しいですね。
Kousuke: I love foreigners—even more than Japanese people—so I want friends.
Cedo: 男?女の子?
Cedo: Guys? Girls?
Kousuke: 女性です。
Kousuke: Girls.
一同: (笑)
[All laugh]
Cedo: メッセージかよ?(笑)
Cedo: Is that really a message? [Laughs]
Kousuke: あとは音楽をがんばっていきます。よろしくお願いします。
Kousuke: And I want to do my best. Please keep us in mind.
Cedo: いつか海外のいろいろなところに行きたいと思います。ぜひみんな楽しみにしていてください。
Cedo: I want us to go to various places abroad. Please look forward to it.

69: ありがとうございました!
69: Thank you very much! 

Kate Havas first became interested in Japanese fashion and culture in college when manga, anime, and visual kei were just beginning to make their way to America. An art and English major with a love of clothes, Kate signed onto ROKKYUU in order cover fashion and report on Tokyo trends, but was quickly also recruited to the music side of things and has been having an adventure expanding her knowledge of all things VK since. Follow her on twitter at keito_kate!

Laura Cooper started photographing rock and jazz bands at university. While completing a degree in English Literature, she was literary co-editor of the York University arts magazine and held poetry soirees with comedy jazz bands. Laura wrote for the now defunct UK Goth magazine Meltdown, as well as edited for an occult/spiritual website while she lived in York and London. She disappeared into the mountainous depths of Japan in 2006 and is now based in Tokyo, capturing rock bands in action.

Post Comment